零れ話: ジャガタラぶみ

「赤い花なら曼珠沙華、オランダ屋敷に雨が降る…♪♪」という歌い出しで始まる”じゃがたらお春”の歌は、年配者はご存じであろう。
江戸時代の鎖国政策のより、西洋人、更に、彼等に嫁いだ日本婦人・子ども・縁者までもが、ジャカルタ(インドネシア) へ送られ、異郷の空で故国をしのんで 、はるばる便りを寄せてきたものである 。但し、他の人の潤色が加わっていると見られている。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.