Korea and Imperial Japan

ミンカブァン関連年表: [ ]内は陰暦

1875.8.25 大日本帝國の軍艦雲揚号 江華島付近で武力示威行動、永宗ヨンジョン島に上陸し住民を殺害 9.20 江華島事件起きる 10月 帝國軍艦 釜山に来航し武力示威行動
1876.1.26 日朝修好条規(江華条約)に調印
1880.4.17 漢城ハンソン(現在の서울ソウル)に大日本帝國公使館を設置 12月 花房義質 弁理公使に着任
1882.7.23 朝鮮兵 帝國公使館を襲撃(壬午임 오変乱) 8.30 済物浦チェムルポ(現・仁川)条約・日朝修好条規続約に調印
1884.10.30 帝國公使館に領事館を設置 12.4 金玉均・朴泳孝ら甲申갑 신事変(竹添公使関与)
1885.4.18 日清 天津条約に調印
1889.10 咸鏡ハムギョン道で防穀令を施行
1892.11 大石正巳 公使に着任
1893.5 東学 忠清チュンチョン報恩ボウン郡で大集会開催 7月 大鳥圭介(在北京公使) 朝鮮公使を兼任
1894.3 東学 全羅チョルラ道で蜂起、5月 全州チョンジュが陥落 6月 清 陸海軍を派兵、大鳥公使着任、大日本帝國 陸海軍を派兵 7.25 日清戦争が勃発 7月 金弘集キムホンジプ 領議政に就任、諸改革を断行 10月 井上馨 公使に着任
1895.4.17 下関条約(日清講和条約)に調印 6.17 臺灣たいわん総督府を設置 9.1 三浦梧樓 公使に着任 10.8 三浦公使・岡本柳之助ら明成ミョンソン皇后を惨殺ざんさつ(乙未을 미事変、日本では閔妃ミンビ暗殺) 10.17 三浦公使を召還、小村壽太郎 公使に着任
1896.1 義兵運動起こる 2.11 館(ロシア公使館)播遷はせん
1897.2.20 高宗 ロシア公使館を出て慶運宮(現・德壽宮)に還御 10.12 朝鮮 大韓帝國に改称、高宗コジョン 大韓帝國皇帝に即位 10.20민갑완ミンカブァン 笠洞イプトン(現・서울特別市鍾路2街)で生まれる[9.25]、同じ日に李垠イウン生まれる
1899.8.17 大韓帝國 大韓國國制(憲法)を発布
1904.2.10 日露戦争が勃発 2.23 日韓議定書に調印
1905.9.5 ポーツマス条約に調印、日露戦争が終結 11.17 第2次日韓協約に調印 カブァンの叔父閔泳煥ミンヨンファン 抗議の自殺 11月 領事館を改組した韓國統監府(伊藤博文初代統監)および(現)서울・仁川・釜山・元山・鎮南浦진 남 포(平壌の外港)・木浦・馬山ほかに理事庁を設置
1906.2.9  弟の千幸チョネン 水標洞スピョドン(서울)で生れる
1907.3.14  初揀擇かんたくの儀([2.1] 德壽宮トクスグン) カブァン 皇太子妃候補に選ばれる 6月 ハーグ密使事件 8月 純宗スンジョン 大韓帝國皇帝に即位、イウン 大韓帝國皇太子に即位 12.5 イウン 日本へ連行される
1908.1.23   第2回揀擇かんたくの儀、ミン家に婚約指輪届く[07.12.20]
1909.10.26 安重根アンジュングン 伊藤博文統監を暗殺
1910.8.22  大日本帝國 大韓帝國を併合 9.10 韓國統監府を改組した朝鮮総督府(寺内正毅初代総督)を設置
1916.8.3   イウン・梨本宮方子 婚約発表
1918.1.13  イウン 一時帰国[17.12.1] 1.31 婚約破棄を迫られる[丁巳정 사17.12.18] 2.13 婚約破棄[戊午무 오18.1.3] 7.5 カブァンの祖母死去(5.27)
1919.1.4 カブァンの父 閔泳敦ミンヨンドン 死去[18.12.3] 1.21 高宗コジョン崩御ほうぎょ[18.12.18]を公表[12.20] 3.1 三一独立運動始まる
1920.4.28  イウン・方子結婚 7.22 カブァン・弟仁川インチョン港から上海へ(東亜トンヤ飯店に約3ヵ月滞在)  10月 フランス租界 宝裕里バオユリへ移転(カブァン・弟 晏摩氏アンマシスクール入学)
1924年初 カブァン 同スクールを退学し山海シャンハイ関路グヮンルへ移転
1927.5.30  イウン・方子欧州旅行、上海港で上陸せず沖合に停泊中の軍艦八雲やぐもで宿泊
1928.10.22  カブァンの母死去[9.9]
1931.9.18 満州事変が勃発
1932年 共同租界の愚園路ユユァンルへ移転
1935年 弟一時帰国し結婚([12.7] 婚姻届)
年不詳 共同租界の膠州路ジャオジョウルへ移転
1945.8.15 太平洋戦争が終結、大日本帝國が敗戦し朝鮮解放される
1946.6 カブァン・弟の家族上海を離れ帰国、서울駅前の大同テドン旅館に滞在
1947/48年 六親等の弟の家で約2年滞在
1949/50年 妹マンスンの家で数ヵ月滞在、その後 寺洞宮サドングンへ移転
1950.6.25 朝鮮戦争が勃発、清州チョンジュに疎開、その後ブサンへ移転
1953.7 朝鮮戦争の停戦協定調印される
1962.11.23『閔甲完ミンカブァン女史人生手記: 百年恨ペンニョナン』文宣閣より発行
1968.2.5 弟チョネン死去[1.7]
1968.2.18 カブァン死去[1.20]
2014.7.10『대한제국의 마지막 황태자 영친왕의 정혼녀: 민갑완 (大韓帝国最後の皇太子イウンの婚約者:ミンカブァン)』지식공작소  Communicationbooks より発行
Korea and Imperial Japan(2) もご参照ください

亡命前서울の住所

住所西暦等
笠洞イプトン1897年から98年
漢洞ハンドン1898年から1906年より後
水標洞スピョドン1906年より後(年不詳)に引っ越し

上海の住・居所

住・居所(租界)西暦カブァン動向
東亜トンヤ飯店(英)1920上海到着直後
宝裕里バオユリ(仏)1920-24晏摩氏アンマシスクール通学
山海シャンハイ関路グヮンル(英)1924-32外出を自制
愚園路ユユァンル(共同)1932–膠州路ジャオジョウル移転まで
膠州路ジャオジョウル(共同)–1946上海を離れるまで

帰国後の住・居所

住・居所等時期・行政區等
서울駅前の大同テドン旅館1946年6月から1-2年
六親等の弟の家離れ約2年(1947/48-1949/50)
妹マンスンの家数ヵ月(推定 1949/50)
寺洞宮     朝鮮戦争勃発時の住居
清州チョンジュ        朝鮮戦争中の疎開先
東萊トンネ温泉洞オンチョンドン    ブサン市東莱トンネ區内
長箭洞チャンソンドン      ブサン市 金井クムジョン區内

参考: 서울<京城<漢城<漢陽

首都読み国名・情勢・西暦等
서울seoul大韓民国
1946-
京城keijo大韓國(大日本帝國が併合)
1910-1945
漢城한성朝鮮、大韓國・大韓帝國
1392-1910
漢陽
開京
한양
개경
高麗(古代三國*を統一)
*新羅・後高句麗・後百濟
918-1392

4 thoughts on “Korea and Imperial Japan”

  1. 1876年の江華条約から1897年のミンカブァン誕生までの日朝関係史を跡付け、カブァン関連年表に凝縮したつもりだ。19世紀末葉における清韓関係(属国・自主)の変化、これら二国に先んじて国際法の枠組みを取り入れた帝国日本と清との外交・軍事攻防、日清戦争後の三国干渉に伴うロシアの満州進出など、激変する北東アジア情勢を再確認し、現今の日韓・日朝関係における彼我の懸隔の深さにいまさらながら愕然としないわけにはいかない。さあ、汝老人よ、何をなすべきか。

    Like

  2. 年表1905年に次の事項を加えた。
    11月 領事館を改組した韓國統監府(伊藤博文初代統監)、(現)서울・仁川・釜山・元山・鎮南浦(平壌の外港)・木浦・馬山ほかに理事庁、設置される
    これまでも大日本帝国による大韓帝国の植民地化は実質的に1905年の統監府に始まると考えていたが、各地に理事庁が置かれたことを知らずにいた。「日帝36年」といわれるが、41年(1905-1945)というべきではないだろうか。

    Like

  3. 関連年表を再編集して気づいたことのひとつは、カブァンが満22歳で弟を連れて上海に亡命してから定住所を持つことなく、居所を転々としたということだ。晩年ブサンに定住したとはいえ、ひっそりと隠れるように暮らしたのである。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.