Mapping Japan

風景がゆれる、時間がゆらぐ

このページでは<実験的>な小説「風景がゆれる、時間がゆらぐ」を紹介します。主人公が明確でないこと、時代設定が特定の時代ではなく時間軸が前後することなどから<実験的>な小説と呼びます。文体や時制の不一致なども、このような小説の性格によります。

主題とする「ンヴィニ教」Nvienismという語は便利(convenience)至上主義の類語で筆者がかつて「コンビニ教」と呼んだものと、ほぼ同じ意味で使います。あえて日本語には稀(まれ)な ng 音から始まる語にしました。

本文は時間軸(time base)にもとづく四部構成になっています。認知症における記憶の乱れを、記憶を構成する風景と意識内の時間軸との関係のずれや崩壊によるものとし、「風景のゆれと時間(軸)のゆらぎ」について仮説を提示したつもりです。The mental scenery trembles and the time goes back and forth along one’s time base.

以下の原稿をとりあえず書き上げましたので、限定公開します(p/wが必要です → contact)。なお、原稿はすべて未定稿であり、変更されることがあります。無断の引用や転載等を禁止いたします。