忘れられた韓国人

忘れられた韓国人、ミン・カブァン

ミンカブァン(閔甲完、1897-1968)という韓国人を知る人は、今や韓国にも日本にもほとんどいない。自伝『百年恨』の映画化もあったと聞くが、没後49年において完全に忘れ去られたミンカブァン。彼女はいったい、どういう人だったのだろうか。

ミンカブァンという女性の生涯

19世紀末から二度の日韓協約を経て、日本の韓国併合が進行しつつあった1907年、満9歳で朝鮮時代最後の皇太子イウンの婚約者となるが、皇太子は婚約した直後、日本に連れて行かれた。日本による植民地化の進行に伴い、婚約から10年余り経って、満21歳で婚約破棄を強要されたカブァン。半年後、深い哀しみのなかで亡くなった祖母、さらにその半年後、アン侍医の調合した薬を飲んだ直後に亡くなった父。

しだいにカブァンの身辺にも危険が及び、満22歳のとき、弟のチョネンを連れて、当時多くの韓国人が亡命していた上海に亡命する。上海で26年過ごす間、日本の官憲から逃れるために何回か住居を変えている。自由に外出もできない、逃亡者のような暮らしを強いられたのである。婚約者のイウンは満10歳のとき日本に行った後、生涯の大半を日本で過ごした。カブァンが亡命した年、昭和天皇の妃候補でもあった梨本宮方子と結婚している。

現代人には理解しにくいが、婚約することが結婚と同じ重みを持っていた社会が20世紀前半にあった。上海亡命時代、彼女に近づいた男性も何人かあったし、総督府が派遣したスパイも含め、周囲には結婚を勧める人もいた。特に、同じく生涯独身を通した中国人女性革命家の説得はカブァンを悩ましたが、彼女は一生独身を貫いた。本書の行間に溢れる深い憂愁と孤独は、現代人にも切々と訴えるものがある。

1946年5月、上海に残るかどうか悩んだ末、韓国に帰国したカブァンの後半生も平坦ではなかった。1950年、社会事業の資金のめどが付き、いよいよスタートしようとしたとき、朝鮮戦争の勃発で頓挫[とんざ]してしまう。チョンノ[鐘路]にあったサドングン[寺洞宮]という洋館の階下で、弟家族と体を寄せながら砲弾の音に震えている光景を思うと、胸が締め付けられる。

1950年6月26日未明、弟家族と共に命からがら船に乗って漢江[ハンガン]を渡り、父の故郷チョンジュ[清州]に向かった。戦後は、北が再び侵攻すると見ていたチョネンの意向で、彼の家族と一緒に朝鮮半島の最南端プサンに居を定めたという。

現代史の見直しを迫る個人史

日韓の現代史に翻弄されたともいうべきカブァンの生涯は、私たちに何を語りかけるのだろうか。日本による韓国併合(1910年)から百年の節目を迎えようとしている今、カブァンが私たちに遺した『百年恨』は、単に一人の韓国人女性の人生記録であるに止[とど]まらない。歴史と国家のあり方、それに翻弄される人びとの生き方を見直させずにはおかないからだ。

韓国併合(1910年)、日中戦争(1937-45年)、朝鮮戦争(1950-53年)など、現代史の大事件に翻弄され続けたカブァン。その生涯をたどりながら、私たちは韓国と日本をめぐる歴史を振り返ることを強いられる。ここで注意すべきは、これらの事件が持つ意味合いは日本と韓国で大きく異なることである。

例えば、1910年は韓国にとって国権の喪失だったが、日本にとっては版図の拡大であった。1945年8月15日の朝鮮解放(光復)は、日本にとって敗戦であり終戦であった。あるいはまた、1950年から53年にかけて朝鮮半島全域を戦禍に巻き込んだ戦争が、日本に特需景気をもたらしたことなどである。

自伝『百年恨』が一女性の個人史に止まらないのは、これら現代史の大事件によって彼女の人生が翻弄され続けたというより、大きく狂わされたからだろう。その人生記録を通して見えてくる現代史の断片の一コマ一コマが、日韓をめぐる歴史の見直しを迫っているように思えてならない。

2009/01/08

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.