米国憲法を読む

はじめて米国憲法を読んだ。<法の支配>について考えたかったのと、それが日本国憲法にどんな影響を及ぼしているか気になったからだ。今回の米国大統領選で考えさせられることも多い。以下、We the People of the United States で始まる米国憲法(1787年9月制定)の前文を引用する。

We the People of the United States, in Order to form a more perfect Union, establish Justice, insure domestic Tranquility, provide for the common defence, promote the general Welfare, and secure the Blessings of Liberty to ourselves and our Posterity, do ordain and establish this Constitution for the United States of America.

われら合衆国の国民は、より完全な連邦を形成し、正義を樹立し、国内の平穏を保障し、共同の防衛に 備え、一般の福祉を増進し、われらとわれらの子孫のために自由の恵沢を確保する目的をもって、ここに アメリカ合衆国のためにこの憲法を制定し、確定する。


1946年11月に公布、翌年5月に施行された日本国憲法は「主権が国民に存することを宣言し」、天皇主権から訣別する前文を掲げている。神勅主義立憲君主制に基づく大日本帝国憲法(1889年2月公布、翌年11月施行)はドイツ帝国(1871-1918)にそのモデルを求めたとされる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.