夢来里: 雪

夢来里(むらさと)…夢が訪れる町へ~

「積りゆく雪よ 減りゆく吾が時よ」 小山内 豊彦 作

世代交代…?
御多分にもれず、当地は人口減少地域(消滅可能町)。
従って、積りゆく雪(新たな息吹)に希望を託したい。
地域の子どもたち、若人は躍動しているのだ !
生徒数が減るなかで、小学校の金管バンドは全国大会へ。
果樹の里の農学校生徒は、海外に商機を求め、台湾・等との
輸出体制の構築を目指している。
『雪』は天からの手紙と言われる。
天からの激励か…
時の減りゆく吾も、これまでの知恵を活かし、支えていかなければと思う昨今である。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.