壱里如: グウゼン[偶然]

命に関わる仕事は大変だ…
特に、死を受け容れられずに苦しむ人の振幅の大きな語りに、じっと向き合い、最後まで伴走するのは重い仕事だ。
ベテラン看護師のお話として、聞いたことがあるが、患者さんの部屋に入る前、邪魔が入らないように、普段はPHSの電源を切っておくのだが、どっしりと構えて、最後まで聴き取る自信がない時は、「◯分経ったら、一度呼んでね…」と同僚に声をかけ、わざと電源を入れておくという。
彼女は「私、きっと、偶然を使ってるんですね」とおっしゃっていたという。
高齢化対応・終末医療が、益々、求められていくなか、一人の人間に負担を強いるのは、酷といううものではないのだろうか…

【 写真 ⇨ 我写・つなぐ 】

 

One thought on “壱里如: グウゼン[偶然]”

  1. 仕組んだ偶然ということですね。世の中の多くの偶然は、仕組まれた偶然でしょう。だからといって、偶然性が減じるわけではないけれど、この話の例は「偶然」というよりはヤラセに近いように思う。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.