零れ話: トマト

実るほど頭を垂れる…かな。 ミニトマト🍅である。
トマトは南アメリカのアンデス山脈で、紀元前二千年頃からジャガイモとともに栽培されていたが、十六世紀の新大陸発見後、ヨーロッパに伝わった。
日本には、江戸時代の中頃、ポルトガル人によって紹介された。当初は観賞用であり、昭和時代に入り、食用に供されるようになった。
緑黄色野菜の一種であり、日本語では唐柿(とうし)、赤茄子、蕃茄(ばんか)などの異称をもち、食卓をにぎわしている。

【 写真 ⇨ 我写・勝手口にて… 】

One thought on “零れ話: トマト”

  1. 我写は、我写[wo xie] という中国語(?)かと思っていましたが、そうではなさそうです。我写を音読みさせて、ガシャと読ませたいのでしょう。カメラのシャッター音ですよ、きっと。このブログサイトの筆者らしい遊びですね。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.