零れ話: ナス[茄子]

ナスは、インド東部に自生するソラヌム・インサヌムが原種とみられる。
インドでは古くから栽培されており、ヨーロッパへ伝わったのは十三世紀。 我が国には中国を経て入国し、奈良時代の『正倉院文書』に栽培の記述がある。
ところで、民間療法として、冷やしたナスを縦に切って貼ると、湿布替わりになって打撲傷・ヤケドなどの応急処置が出来ます。
更に、ナスは日本人の味覚に合い、低カロリーで栄養効果の高い野菜である。
健康長寿の食”として、お薦めである。

【 写真 ⇨ 我写・シンクの片隅 】

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.