壱里如: ジヒシンチョウ[慈悲心鳥]

鳴き声が“ジュウイチ”と聞こえることから「十一」という名もあるが、昔の人は味気ないと感じたのか、同じ声を“ジヒシン”と聞いて、この鳥の名を「慈悲心鳥」としたという。
でも、繁殖に際しては、オオルリ、コルリ、ルリタキス等の巣に卵を産み、其れらの親鳥に雛を育てさせる( 托卵 )。
自然の摂理の結果とはいえ、慈悲に満ちた行為とはいえない様に思えるが…
まぁ、巷にも、“表の顔”と“裏の顔”を上手に使い分けている様な方もいらっしゃるので、一概には責められないが…
どちらにせよ、世評は考慮しつつも、最終的には、ご自分 でも情報を集め、ご自分の頭で考えて判断し、後日、省みることを繰り返す必要性を痛感するのだが…

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.