零れ話: パール・S・バック

アメリカの女流作家で、1892年の本日にバージニア州に生まれ、宣教師である両親に従って、中国で生い立つ。
中国に題材をとった小説を書き、中国の農民生活を、知的な情熱と人道主義に基づいて描きあげた三部作、「大地の家」の第一部「大地」を1931年に発表して一躍有名になった。
第二部「息子たち」、第三部「分裂せる家」などがある。
1932年、ピュリッツァー賞を受け、1938年、ノーベル文学賞を受賞している。
「 知らない人とは、これから知り合う人のこと 」

“結び目”を巡らしてゆきたい…

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.