零れ話: クチナシノハナ[山梔子の花]

夏、芳香のある白い六弁の花が咲く、あかね科の常緑低木。
実が熟しても口を開かないから、この名がある。
暖地に自生するが、多くは庭園などに観賞用として植えられる。
果実は黄赤いろに熟し、染料、又は薬用として用いられる。
梅雨時の夕方、ほんのりと漂ってくる山梔子の香りは風情がある。
足つき将棋盤の足はクチナシを象っている。
第三者は勝負に口出し無用=口無し、との意味が込められているが、客観的な批評・指摘・提案は、将棋に限らず、物事の適切な前進・改善への糧になるのでは…

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.