零れ話: アマガエル[雨蛙]

木の葉や草の上にすみ、夕立の前などに“キャクキャクキャク”と鳴く小さな蛙で、体長四センチぐらい。
四肢の指先に吸着版が有って、物に吸い付く。
四月の初め頃、冬眠からさめる。
葉や草の上にいる時は緑色をしているが、木の幹や地上に移ると、たちまち茶褐色に変ずる。 保護色の好例。
ところで、環境変化に気付けないで、ゆでガエル症候群(ゆでガエル理論)におちいると、ビジネス社会でいわれていたが、科学的に証明されたものではなく、一つの警句にはなっているが、作り話のようである…

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.