零れ話: アジサイの花言葉「移り気」

アジサイは「紫陽花」と書くことから!中国からの渡来種と思われているが、れっきとした日本の自生種である。
花の色がクロロフィル(葉緑素)、カロチノイド(黄の色素)、フラボン(白の色素)で構成されていて、先ずはクロロフィルが色褪せるとカロチノイドが目立ってくる。
カロチノイドも分解し、フラボンが強くなり、見た目に青くなる。
この頃、光合成によって葉が作った糖分が、花のほうに回ってくるのでアントシアン(赤の色素)に変わり、その後、細胞液の酸でマグネシウムが分解し、カリウムが結合して紫に変化する。
この様に、アジサイの花が、緑・黄・青・赤・紫 と変遷することから、「移り気」 の花言葉が生まれたという。
これからの梅雨時をを彩る花…、愛でたい。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.