壱里如: ハハノヒ[母の日]

五月の第二日曜日は、日頃の母親の苦労をいたわり、母の恩に感謝する「 母の日 」とされる。
その気持ちを表わすため、亡くなった母をしのぶ人は“白のカーネーション”を、母親がご健在の人は“赤のカーネーション”を胸に飾る。
起源は、1907年(明治四十)、米国の少女が母の命日に亡き母をしのぶ盛大な会を催し、白いカーネーションの花束を霊前にたむけ、参列者に分けたことからといわれる。
その後、1914年(大正三)にウィルソン大統領の提唱で、米国議会の決議を得て、五月の第二日曜日を「 母の日 」と定めた。
日本では、大正二年(1913)、女性宣教師師たちの働きかけで、青山学院で、母の日礼拝が行なわれた。
更に、戦前、婦人会などを中心に、当時の皇后の誕生日(地久節 = 三月六日 )を母の日とした。
しかし、戦後、昭和二十四年(1949)頃から、諸外国の例にならって、五月の第二日曜に行うようになた。
しかし、他の記念日も含めて、趣旨が理解され、普及の切っ掛けになって欲しいが、何か、その日だけが盛り上がり(商業ベース…)、一般化できないでいるのがもどかしい。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.