零れ話: ハシリチャ[走り茶]

その年、新しく摘んだ芽でつくったお茶、新茶である。
香気があり、新鮮な風味が珍重される。
八十八夜を過ぎた頃、市場に売り出される。
新茶が出回ると、前年の茶は古茶となる。
季節感の乏しくなっている昨今であるが、春夏秋冬、自然は移り変わり、地からの恵みも豊かな地域である。
各々で、地の利を活かし、豊かな“こころ”で、日々を重ねたい…

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.