今日の歳時記: ショウブユ[菖蒲湯]

菖蒲湯や 身をつくろふが ごと沈め 鷹羽 狩行

五月五日、端午の節句にショウブの根や葉を入れて沸かす風呂のことである。
これに入ると、邪気をはらい、疫病を除き、心身を清めるといわれる。
江戸時代、武家社会で“菖蒲”と“尚武”をかけて、この日を「尚武」の節日として祝うようになったのが「端午」の節句の始まりといわれる。
また、この時節、“春”から“夏”への変わり目にもあたり、体調を崩しやすいので、体調管理をかねた民間療法でもあったらしい…
世の中、このところ、端境期の兆しを見せて、乱れている。
何か、適切な指針と有効な対症療法がないものだろうか…
当方が、気づいていないだけかもしれないが…

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.