零れ話: ダーウィン

イギリスの生物学者。
二十二歳の時、ビーグル号で世界各地を巡り、多くの資料を集め、五十歳の時「 種の起源 」を発表し、進化論を唱える。
これは、生物は神の創造によるもにではなく、簡単な原始生物から進化したものだという説。
ダーウィンは、この変化は環境の変化に伴い、それに適応したものだけが残る自然淘汰が行われ、その残ったものだけが性質を遺伝発展させていくことに基づくものとして、進化論を科学的に基礎づけた。
一方、聖書主義の立場から「 進化論 」を否定する人たちもいる。
百三十六年前の明治十五年(1882)四月十九日、本日、七十三歳で没した。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.