零れ話: リンジン[隣人]

人はみな違い、基準や普通の人間などというものはない…し、
また、鋳型に入ったような“悪人”はあるはずもないでしょう。
平生は、みな善人なのです…と聞いたことがある。
其れが、いざという間際に、急に悪人に変わるから恐ろしいのです。
だから、油断ができないともいえるのでしょう。
しかし、性善・性悪説を踏まえたとしても、本人をそうさせた何かがある訳で、一方的に責める気にはなれない…
場合によったら、周り(私…、あなた…)が追い込んでいる…仕向けている…かなとの視点を持って、初めて、正気な判断ができるように思う。
甘すぎると、笑われるかもしれないが…

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.