今日の歳時記: ツミクサ[摘草]

山里の 摘草料理 春匂ふ 後藤 克彦

今や昔、春の行楽に、竹べらや籠などを持って野原や堤に出て、よもぎ、つくし、のびる、よめな、せり、など食用になる野草、または、たんぽぽ、すみれ、などの草花を摘むことがあった。
要は、“地産地消“であり、本来の“ご馳走”ではあったが、現在、季節感も無くなり、食材はコンビニ・スーパーで購入する事が多くなり、寂しい限りである。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.