今日の歳時記: ホウソウキネンビ[放送記念日]

まだましか 敗れし年の 覚えあり よみ人知らず

大正14年(1925)のこの日、日本のラジオが初めて産声をあげた。
東京・芝浦の東京高等工業学校の中に設けられた仮スタジオから放送が行われたが、出力220ワットと弱く、場所によってはやっと聞き取れるくらいだった。
その後、大阪、名古屋、東京で放送が始まり、翌年に三局が統合され、日本放送協会が設立された。
立場の違いにより、いろいろと批判されてはいるが、お立場によって主張には差が出てくるのは、やむを得ない…
あとは、己の足、目・耳を活かして情報を精査し、己の頭で判断し、行動するしかないのでは…

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.