零れ話: タネマキ[種蒔]

種まきといえば、苗代にモミ種をまくことだが、穀類や草花の種子をまくこともいう。
春の彼岸から八十八夜前後の間にまくことが多い。
「畑を耕す人、種をまく人、水をやる人」
の如く、世の中の何事も、手間と時間がかかり、経験則はあっても、「正解」がないこともある。
せっかくの種まき( 気付き、提案•要望…)を、大事に育んでいきたい…と思う。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.