今日の歳時記: ハルノヨイ[春の宵]

眼つむれば 若き我あり 春の宵 虚子

蘇東坡の詩句に「春宵一刻値千金、花に青香有り、月に陰有り」とあるように、春の宵はまさに〈千金の夜〉である。
この季語には、明るく艶めいた感じで、そこはかとなく感傷を誘う、浪漫的な雰囲気がある。
春の夜のまだふけない頃で、春の夕よりはやや遅く、春の夜よりは早い…
春の兆しに誘われて、心の奥底に、ふつふつと湧きあがってくるものがある…

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.