零れ話: クサモチ[草餅]

雛祭りで供えられる草餅は、ふつうヨモギのゆでたのを
餅につき混ぜて作られる。
香気が高く、野趣豊かで、香りと色のいいのが特色である。
ところが、古くはヨモギを用いないで「母子草」を常用していた。
母子草とは春の七草の一つで、「ほうこぐさ」通称「ごぎょう」。
母子草からヨモギに変わったのは、足利時代からと推定されている。
特に、香りが強く、女の子が清らかに、香るような、女性になって欲しいとの願いが込められているのだろう…

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.