零れ話: ミズトリ[水取り]

奈良東大寺二月堂では、お水取りの行法が行われる。
「 寒さ暑さもお水取り」といわれ、この日からは日一日と暖かくなってゆく。
奈良付近では、これをも含めた修二会(お水取り)を「おたいまつ」と呼ぶが、京阪地方では、嵯峨清涼寺の御松明と区別し、こう呼ぶ。
欄干から振り落とされる火の粉を浴びると、一年間、幸せに病なく過ごせると言われる。
春を迎え、人々がつつがなく日々が過ぎてゆくことを祈る。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.