零れ話: オヤゴコロ[親心]

小さな子を見れば、すこやかに育ってほしいと願う。
輝かしい未来の空が、その上にひろがっていることを祈る。
その願いが、子どもの中に一本の大樹を想像させるのだろうか…
子を持つ人々が抱くであろう“親心” なのであろう…

子の中に楠の木あり 鶴田 伊津
時折は春のひかりに
葉をふろげいる

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.