今日の歳時記: シズク[雫]

朝夕に 雫のふとる このめ哉 千代女

春になれば草や木が芽吹く。
我々は当たり前のことと思っているが、これほど不思議なことはない。
昔の人々は大自然の力に素直に驚いた。
木の芽の雫が、木の芽が膨らむにつれておおきくなる。
柔らかのものを柔らかな言葉でとらえる
“いのち”の躍動、春への明るい希望が、伝わってくる…

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.