今日の歳時記: シタモエ[下萌]

下萌や 土の裂目の 物の色 太祇

もののあわれ、ものの命。
日本語の「ものの」はさまざまなものについて、かすかな風情をそえる。
この句の「物の色」もそのひとつ。
土の裂目から、潤った土の色がのぞいているということなのだが、下萌は枯れ草の下から萌える草の芽。
野原や道の傍のそこここから、新芽を出している草は、みずみずしい春の息吹を感じさせる。
我々も、腰を屈めて、跳躍への準備をしないと…

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.