今日の歳時記: カマクラ[=雪洞]

かまくらに 幼馴染が 膝そろへ 長谷川 祥子

秋田県、新潟県など日本の降雪地帯に伝わる、小正月(あるいは二月十五日頃)に行われている伝統行事。
たいていは雪洞をを作り、其れを“かまくら”と呼ぶ。
雪洞は道端などに雪を積み、其れを掘って雪室を作る。
大小、様々であるが、縦横1・8メートルぐらいである。
其の雪室の正面に四角の祭壇を設け、厨子などをすえ、色紙の幣を立て、灯明をともし、供物を供える。
“かまくら”の神は「オズスの神」といわれ、水の神と考えられる。
自然からの恵みと、自然の脅威に気づき、畏敬を持つ機会になるのだろう。
「自然尊重・自然順応」である…

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.