零れ話: キオク[記憶]

“思い出”を話し合うと、とらえかたは色々である。
自分としては、話す事で擬似体験をしてもらい、相手に理解を深めて欲しのにもかかわらず、些細な事として、話題としてあがらず、肩透かしを食う事も、よくある。
立ち位置、関心の置きどころで、当然、関心に差異が生じるのは、やむを得ない事とは思うが、寂しい思いをするものである。

埋められて 眠くて 眠れぬ 記憶の火

皆さんには、このような経験は無いのだろうか…

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.