今日の歳時記: カンツリ[寒釣]

もの問へば 寒釣きげん わるかりし 阿波野 青畝

水は四度で、最も比重が重くなるらしい。
だから、水底は真冬でも四度に保たれて、鯉や鮒は深みに潜んで動かない。
これを釣ろうとするのが“寒釣”である。
寒中、そう安々とかかるものではないだろう。
気長に待つしかない、時には、イライラすることもあるだろう…
それゆえのご機嫌斜めか…、
あるいは、元々、不機嫌な人なのか…

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.