零れ話: スキヤキ[すき焼き]

寒い日など、家族そろってすき焼きの鍋を囲むのもいい図である。
すき焼きは、別に牛肉に限った訳ではなく、“鳥すき”、“魚すき”など好みである。
「すき焼き」の由来は、一説に、農夫が鋤(すき)を利用し、野天で鳥獣肉を焼いたからというが、これではヤキが戻って、ナマクラになり、農具が使いものにならなくなる。
また、関西にあった平鍋、乃至は長方形の鉄板を用いて、薄切り肉(すき身)を焼いたことからとの節があるが、俗説の域を出ていない…
大正十二年の関東大震災以降、関西勢の進出が増え、「すき焼き」が、関東の「牛鍋」にとって代わったといわれる。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.