今日の歳時記: カガミビラキ[鏡開]

子の家の 鏡開きに 来合せし 能村 登四郎

明日十一日は、鏡餅をおろして食べる「鏡開」。
もと武家では男子は具足に、女子は鏡台に鏡餅を供え、それを割った。
鏡餅を刀で切ることを忌み、手や槌を用いて割ったので、開く、割るなどと表現する。
鏡開きの餅は汁粉などにして食べるところが多い。
この頃になると、堅さが増し、ひび割れも激しくなる。
よって、この時期に、鏡餅を処理してしまうのは、生活の知恵の一つでもあった。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.