零れ話: オトシダマ[お年玉]

子供の頃、親の手につかまって年始に歩き、お年玉をもらった記憶がある。
今では、圧倒的に金銭の場合が多いが、品物を贈る地方もある。
その品物の品種は、ところにより、家により実に様々であるが、比較的多くみられるのが、お餅である。
餅には心霊の座があるとか、ここに神が宿っているとかの民間信仰があり、餅をお年玉にするのは、お正月の神をまつった際の貴重なお供え餅を、共に分かち合おうとする心から出ているのであろう。
すなわちお年玉は、神からいただく新しい魂といった意味で、年賜(としだま)と記したほうが良いほど、めでたいものであったようだ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.