零れ話: カキゾメ[書初め]

わんぱくや 先づ掌に 筆はじめ 一茶

新年になって初めて書や絵をかくこと。
主としてめでたい詩句・事柄を選び、普通は正月二日に行う。
筆始(ふではじめ)、吉書(きっしょ)ともいう。
本日、只今、各地で書始大会が行われ、会場いっぱいで、書初が繰り広げられる。
幼き頃、ワクワクしながら、道具を肩にかけ、会場目指した記憶がよみがえる。
「始め良ければ、全て良し…」

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.