今日の歳時記: カガミモチ[鏡餅]

橙の 据わりがよくて 鏡餅 高浜 虚子

正月には農耕を司る神様を迎えて五穀豊穣を祈り、新米で作った餅を供えた。
それは魂心の象徴であり、丸いのが原則で、神様に餅を供えて新しい魂をもらうのが正月の基本行事であった。
門(かど、庭のこと)には一本だけ神聖な松を立て、神様が降りてくる目印とした。
その頃の入口は「もん」と称し、現在のように二本の松を入口に立てた門松が魔よけの印と思われているが、異なるようである。
“重ね餅”と言われ、大小のお餅を重ね、安定感を受ける。
近況は変動含みであるが、“戌年”は、穏やかな日々となる事を願う

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.