零れ話: ダイダイ[橙]

ミカン科の常緑小高木。
「代々」とも書き、果実が年を越してなお樹上に残るところから、縁起の良いものとして正月の飾りに使う。(鏡餅、お供え物)
果実はほぼ球形で、果面はなめらかで光沢がある。
酸味が強いので、果汁を絞って酢の代用にしたり、マーマレードの原料として重用される。
皮は乾燥して七色トウガラシの材料としたり、「陳皮(ちんぴ)」と呼んで薬用に供したりする。
ところで、食べるには酸味が苦味が強いという特徴から、見掛け倒しの武将を指して「橙武将」と呼ぶことがある。
外見だけではなく、実質を伴った「武将(指導者)」を見出す眼力を備えたいものだ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.