今日の歳時記: カンロ[寒露]

寒露 深まる秋 カキたわわ

二四節気の第一七。
太陽の黄経が一九五度の時。 陰暦では九月の節、陽暦では十月八日にあたる。
この頃、朝露をふめば、冷たさを覚え、秋が深まっていくのが感じられる。
つまり、露が寒冷の気にあたって、物象が凍る手前にあるという意である。
秋冷えが身にしみるようになり、木々の葉も紅葉してゆくもの、間もなく散っていくものと様々である。
山々が美しく化粧する時季。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.