今日の歳時記: カキ[柿]

㫪や 老木の柿を 五六升 蕪村

柿は果物として食べるだけではなく、柿渋の原料になる。
柿渋は布や網を染めたり、紙に塗ったりする。
「 㫪(うすづく) 」とは石臼に入れて、柿を搗くこと。
柿は「味が微妙」とか言われ、甘い誘惑がいっぱいあふれる現代では、ちょっと地味。
でも、甘柿一個で一日分のビタミンCがとれるなど、侮れない。
派手なものに目を奪われずに、目立たないかもしれないが、良きものを見出したい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.