カブァンの生涯

年譜(下線は陰暦)

  • 1895年10月8日  明成(ミョンソン)皇后(日本では閔妃と呼ばれる、1851年生)、駐韓日本公使らにより暗殺される
  • 1897年10月12日 朝鮮王朝、国号を大韓帝国に改称。高宗(コジョン)皇帝に即位
  • 同年10月20日     閔甲完(ミンカブァン)ソウルで生まれる(9月25日)、李垠(イウン)も同じ日に生まれる
  • 1904年2月10日  日露戦争勃発
  • 1904年2月23日  日韓議定書調印
  • 1905年9月5日    ポーツマス条約調印、日露戦争終結
  • 1905年11月17日  第2次日韓協約調印。カブァンの叔父閔泳煥(ミンヨンファン)抗議の自殺
  • 1906年2月9日    弟の千幸(チョネン)生まれる
  • 1907年3月14日   初揀擇の儀[1]2月1日)。カブァン皇太子妃候補に選ばれる
  • 同年6月    ハーグ密使事件
  • 同年8月    純宗(スンジョン)大韓帝国皇帝に即位、イウン皇太子に即位
  • 同年12月5日    イウン日本へ
  • 1908年1月23日   第2回揀擇の儀、婚約指輪が閔家に届く(1907年12月20日
  • 1909年10月26日  安重根(アンジュングン)伊藤博文を暗殺
  • 1910年8月22日   日韓併合条約、調印
  • 1916年8月3日    イウンと梨本宮方子の婚約、日本の新聞に発表
  • 1918年1月13日   イウン韓国に一時帰国[2]1917年12月1日
  • 同年1月31日     カブァン、イウンとの婚約破棄を迫られる(1917[丁巳]年12月18日
  • 同年2月13日     カブァンとイウンの婚約、破棄される(1918[戊午]年1月3日
  • 同年7月5日       カブァンの祖母死去(5月27日
  • 1919年1月4日  カブァンの父閔泳敦(ミンヨンドン)死去(1918年12月3日
  • 同年1月19日     高宗(コジョン 李太王)崩御(1918年12月18日
  • 同年1月21日     高宗の崩御、公表される(1918年12月20日
  • 同年3月1日        三一独立運動始まる
  • 1920年4月28日   イウンと梨本宮方子結婚
  • 同年7月22日    カブァン、弟のチョネンを連れ仁川を出航、上海に亡命
  • 東亜(トンヤー)飯店(南京東路に面したホテル)に約3ヵ月滞在
  • 同年10月    フランス租界宝裕里(ボユリ)に引っ越す、カブァンとチョネン晏摩氏(アンマシ)スクール[3]に入学。カブァン3年余り在籍
  • 1924年初め    カブァン官憲に追われ同校を退学。イギリス租界山海関路に移る
  • 1927年5月30日   イウンと方子ヨーロッパ旅行[4]の途次、上海港沖で軍艦八雲に停泊
  • 1928年10月22日   カブァンの母死去(9月9日
  • 1931年9月18日   満州事変、万宝山事件勃発
  • 1932年    共同租界愚園路に移る
  • 1937年    チョネン結婚のため一時帰国
  • 不詳年     共同租界膠州路に移る
  • 1945年8月15日   太平洋戦争終結、朝鮮解放
  • 1946年6月   カブァンとチョネンの家族、祖国に帰国、ソウル駅前の大同旅館に滞在
  • 1947/48年    六親等の弟の家の離れに移り約2年滞在
  • 1949/50年    妹マンスンの家に移り数ヵ月滞在、寺洞宮[5]に移る
  • 1950年6月25日    朝鮮戦争勃発
  • 清州に疎開
  • カブァンとチョネンの家族プサンに移る
  • 1953年7月    朝鮮戦争、停戦協定に調印
  • 1962年10月   『百年恨』出版
  • 1968年2月5日    チョネン死去(17
  • 1968年2月18日   カブァン死去(1月20日
主な登場人物
  • ミンカブァン[閔甲完] 1897-1968年
  • 祖母  1837-1918年
  • 父  ミンヨンドン[閔泳敦]  1863-1919年
  • 母  イギドン[李起敦]   -1928年10月22日(9月9日)
  • 弟  チョネン[千幸(千植)]  1906-1968年
  • 義妹  ユンジョンスン[尹丁順]  19xx-■年、1937年にチョネンと結婚
  • 姪  ビョンスン[丙順]       1938年-■■
  • 甥  ビョンフィ[丙輝]       1941年(ビョンスン5歳のとき)-
  • 弟  マネン[萬幸(萬植)]    1909-1935年
  • 妹  マンスン[萬順]
  • チークーク    陳海棠(ザンヘタン)(不詳)の妹
  • チョジュモ    45歳前後の婦人
  • ユジュサ夫妻     朝鮮総督府のスパイ
  • 叔父   イギヒョン[李起玄]    上海在住、-1934年(カブァン38歳ごろ)
  • 叔母   上海在住
  • カンハ     叔父夫妻の長男と思われる
  • ヒョン先生     韓国語と中国語の通訳官
  • キムギュシク[金奎植] 1881-1950年、韓国臨時政府の要人
  • ミスセリー[H. F. Sallee]  アンマシ・スクール(Eliza Yates School)校長(1915-25年)
ソウルでの住まい
  • イプトン[笠洞][6]  1897年から1898年
  • ハンドン[漢洞]   1898年から1906年
  • スピョドン[水標洞]  1906年にチョネンが生まれた後に引っ越している
上海での住まい
  • 東亜(トンヤー)飯店[7]  1920年8月から3ヵ月滞在
  • 宝裕里(ボユリ)(フランス租界) 1920-24年、カブァンがアンマシ・スクール退学まで
  • 山海関路(セヘクェルー)(イギリス租界) 1924-32年、この時期から外出できない生活
  • 愚園路(ユーユィルー)[8](共同租界) 1932年から、後に膠州路に引っ越している[9]
  • 膠州路(チョーズールー)(共同租界) 1946年6月の帰国まで
韓国に帰国後の住まい
  • ソウル駅前の大同(テドン)旅館 1946年6月から数十ヵ月(ママ)
  • 六親等の弟の家の離れ  約2年間(1947/48-1949/50年)
  • 妹マンスンの家   数ヵ月(推定、1949/50年)
  • 寺洞宮(サドングン)[10]   朝鮮戦争の勃発(1950年6月)当時ここに居住
  • 清州(チョンジュ)[11]   朝鮮戦争中、疎開
  • 東萊(トンネ)温泉(オンチョン)洞[12] プサン市東莱区
  • 長箭(チャンジョン)洞[13] プサン市金井(クムジョン)区

[1] 皇太子妃選びの第1次選考
[2] 1918年1月17日(陰暦12月16日)まで滞在したが、カブァンとは会っていない
[3] Eliza Yates Girl’s School、カブァンが通った当時は四川北路沿いにあったと推定される[上海北郊高中の沿革]。1924年9月末、宝興路(ポシンルー)に移転した[The Eliza Yates Annual 1925(晏摩氏年刊民国14年版)]。
[4] 1927年5月23日に横浜港を出港、翌28年4月9日神戸港に寄港
[5] 鐘路沿いにあった義親王(ウィチンワン)の宮殿の一つ、現在はない
[6] 笠洞(イプトン)(水標橋(スピョギョ)の近く
[7] 現存するホテル、南京東路(ヌィチントンルー)の繁華街にある
[8] 愚園路と推定される
[9] ミンビョンフィ氏談、本文に記述はない
[10] ミンビョンフィ氏談
[11] カブァンの父親の出身地である忠清道にある都市、忠清北道の道庁所在地
[12] チョネンの意向で、北から最も遠い地プサンに居住(ミンビョンフィ氏談)
[13] 引っ越して10ヵ月後、チョネンとカブァン前後して死去(ミンビョンフィ氏談)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.