今日の歳時記: カレオバナ[枯尾花]

狐火の 燃えつくばかり 枯尾花 蕪村

穂も葉も枯れはてた冬の薄(すすき)である。
白く枯れた穂が、風に吹かれているさまは哀れげである。枯薄。
「俺は河原の枯れすすき」という『船頭子唄 』が大正末期に流行り、切々とした哀感のこもった名曲であった。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.