雑題: 親(指導者)の問題では

「生徒たちの無限の可能性を、大人の一方的な考えで摘み取ってしまってよいのでしょうか。 」のご指摘には一理ありますが、一方、時節柄、教育内容に対する、公的組織からの、”過度の介入”を危惧する行動も理解出来る。
要は、親(指導者)が、子どもに対し、何れだけ寄り添えるか、導くことが出来るかでは…、日頃、社会情勢に関し、大人として、何れだけ真剣に考え、取り組んでいるか…、子どもに、”親(指導者)の背中”を見せてきたかが、問われているのではないでしょうか。
だから、募集という形式で、親の判断に委ねている。
ただ、この記事からは、背景が把握出来ないが、当方も、手順を踏まずに、いきなり「演習見学」なら、反対ですね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.